2012年08月02日

逃げるとき

嫌なものから逃げてきた。
それが正解だと言い聞かせて。
その中には逃げても良いものと、逃げてはいけないものがあったのだろう。
今ならどれがそのどちらかなのを判断できる。
もしあの時逃げていなければ、そう考えることがある。
そんなふうに思うのはこんなふうになりたくなかったからだろう。
そういう意味で逃げるという事と選択するという事は少し違う。
逃げるという事がどういうことなのか、過去を振り返った時ではなく今気付くことができたら、戦うという事がどういうことなのかわかるかもしれない。

posted by いちご at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

変わらなければならないとき

自分が許せないのは今の自分。
変わらなければならない、変えなければならない。
そう思うのは誰よりも今の自分。
この暑い中動いているのに汗をかかないわけない。
そう見えるだけ。
評価され認められ結果をだされるからやる気が出る。
現状維持、もう終わってる。
自分の中の全てが反対するように怒っている。
ただ、変わるというのはいつも孤独だ。
自分は今その点において孤独だ。
自分が思っている以上にそういう力がないのかもしれない。
その不安とその孤独はやく打ち消したい。
もう1年以上そう思っている。
変えなければならない。


posted by いちご at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

自信がないとき

僕はただ生きている。
英雄にあこがれて、そんなふうに生きたい。そんなふうに生きてみたい。
自分よりもよく見える人を羨ましく思い、いつかそうなりたい、そう思って生きている。
僕は空っぽだ。
やりたいこともなく、理性の中にある本能のままに過ごしている。
それでも人に影響を受ける。
本を読んで泣き、映画を見て感動し、親の存在に感謝して、彼女とは喧嘩になる。
一人になれば寂しさを感じる。
人がいるから生きている。誰かのようになりたくて生きている。
誰かのようになりたくて真似をする。だからと言って誰かになりたくはない。
好きなものは好き。
嫌いなものは嫌い。
得意なものは得意。
苦手なものは苦手。
僕は真似をして想像する。僕にできるのはそれだけ。

posted by いちご at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。