2012年07月19日

自信がないとき

僕はただ生きている。
英雄にあこがれて、そんなふうに生きたい。そんなふうに生きてみたい。
自分よりもよく見える人を羨ましく思い、いつかそうなりたい、そう思って生きている。
僕は空っぽだ。
やりたいこともなく、理性の中にある本能のままに過ごしている。
それでも人に影響を受ける。
本を読んで泣き、映画を見て感動し、親の存在に感謝して、彼女とは喧嘩になる。
一人になれば寂しさを感じる。
人がいるから生きている。誰かのようになりたくて生きている。
誰かのようになりたくて真似をする。だからと言って誰かになりたくはない。
好きなものは好き。
嫌いなものは嫌い。
得意なものは得意。
苦手なものは苦手。
僕は真似をして想像する。僕にできるのはそれだけ。

posted by いちご at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。